俳優の中井貴一(58)、佐々木蔵之介(52)、女優の広末涼子(39)が12日、東京・TOHOシネマズ日比谷で映画「嘘八百 京町ロワイヤル」(武正晴監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

 中井演じる古物商と、佐々木演じる偽作が得意な陶芸家がタッグを組み、痛快なだまし合いを描くコメディーシリーズの第2弾。

 公開前は絶対に自分の作品を見ない中井だが、ついに今回、映画を見たようで「非常に面白く出来ている。僕は『パラサイト 半地下の家族』を見たあとに(今作を)見たのですが、この作品も良かったです。交互に見るといいかも。笑うと免疫力が上がります。人が集まる所を避ける中、ここに集まった皆様はこの映画で笑ってください」と笑わせた。

 今作をしっかり見て舞台あいさつを回っていた佐々木は「貴一さんはずっと映画を一度も見ずに宣伝していました。今回は見た上で面白かったとお聞きしたので、安心してください」。佐々木の周りでは反響が大きいかったようで、「まさかの続編でしたが、今作でヒット御礼することが本当にうれしいです。友人から『人、入ってたよ!』と頂きました。観客がいないと思ってたんですかね」と苦笑いだった。

 今シリーズで初めてのマドンナ役として出演した広末は、「私の姪っ子は、『パラサイト』を見た後にこの映画を見たらすごく救われたと言っていました。深く掘り下げる作品でもないですが、笑える作品です」と自虐的にアピールした。

 今イベントでは、広末が一足早いバレンタインの巨大チョコレートを中井と佐々木にプレゼントし会場を盛り上げた。