女優の吉岡里帆(27)が、「綾鷹」ブランドアンバサダーとして東京2020オリンピック聖火リレーで走る聖火ランナーに決定したことが13日、発表された。

 「綾鷹」は、東京2020オリンピック公式緑茶。吉岡は「人生で1度しかない経験ですので、本当にうれしく思っております。この機会を通して『綾鷹』を始めとする、日本のお茶のおもてなし文化について、その魅力を発信していけたらいいなと思っております」。走る際に意識したいことを聞かれ、「日本のオリンピックが盛り上がりますように、という気持ちも込めながら、一歩一歩かみ締めながら、歩んでいきたいと思っています」とコメントした。

 また、全国8府県のお茶生産者から16人が聖火ランナーに決まった。