芸能事務所「セント・フォース」所属のフリーアナウンサー・中田有紀(46)、神田愛花(39)、川田裕美(36)、岡副麻希(27)、谷尻萌(21)が14日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)に出演し、“封印”してきた事務所のグチや恋愛ネタを暴露することになった。

 ダウンタウンの浜田雅功(56)と松本人志(56)、俳優の坂上忍(52)がゲストとお酒を飲みながら語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」。飲み仲間に同局の山崎夕貴アナ(32)も加わり、酒席で本音を語る。

 セント・フォースと言えば、各局のニュースキャスターやお天気キャスター、バラエティー番組のMCなどを輩出する業界最大手のアナウンサー事務所。100名を超す所属アナは頭脳明晰(めいせき)で清楚(せいそ)なイメージで人気を博し、いまやテレビで見ない日はないほどの活躍ぶりを見せる。

 「黒すぎるお天気キャスター」として人気で、酒が強くないという岡副は、浜田に「目が開いてないよ」とつっこまれ、松本には「テレビなめてるよね?」と言い放たれる“失態”に。岡副とは対照的に「お酒が好き」という神田は泥酔状態で、ハイテンションぶりに危険な空気が漂う。また、15年前にダウンタウンと仕事をしたことがあると言う中田は、当時の懐かしい映像でとんがったキャラクターが判明する。

 そして、話題はセント・フォースに入るためには「ミスコン受賞が採用条件」といううわさが本当かどうか…という話題に。川田が説明するものの“悪意のある”突っ込みが飛び交う。

 続いて、「セント・フォース所属アナウンサーは髪形や服装がほぼ一緒」といううわさについては、事務所から特に指定はないそうで、岡副は「最初の2〜3年は巻き髪が禁止だった」と話しつつ事務所から言われたというある一言を披露すると、松本に再び「お前、テレビなめてるよね?」とダメ出しも。そのタイミングで、酔った神田が松本に絡み始め、松本は「セント・フォース、怖いね〜」とポツリ。また、局アナからの転身組も多いことから、「局アナよりめちゃくちゃ稼げるのでは?」というお財布事情についても語る。

 そして、話題は禁断の事務所格差や恋愛話へ「恋愛トークはNG」と言いつつも、まさかのダメンズとの過去恋愛エピソードや意外な結婚への道のり、山崎アナのインスタへの嫉妬話など、事務所のタブーを突破した暴走トークを展開する。