NHKの木田幸紀放送総局長の定例会見が13日、東京・渋谷の同局で行われた。

 席上、木田氏は沢尻エリカ被告の薬物使用による大河ドラマ「麒麟がくる」緊急降板などを受け、「NHKとしては大型定時番組のレギュラー出演者に関して、正式契約前に薬物使用がないか、反社会勢力との関係がないかなどの確認書を提出してもらう形にしました」と発表した。

 出演の正式契約をかわす前に、タレントの所属事務所の代表及び本人と「出演にあたっての(NHKからの)お願い」という形で、様々な不祥事の嫌疑がかからないことを確約してもらうこととなる。