NHKの2020年度新キャスターの発表会見が13日、東京・渋谷の同局で行われた。

 3月30日から「おはよう日本」(月〜金曜・前4時半、土曜・前6時、日曜・前7時)から夜の「ニュースウォッチ9」(月〜金曜、後9時)へ“異動”する和久田麻由子アナウンサー(31)は「この4月から6年間慣れ親しんだホームである『おはよう日本』を離れ、1日の始まりから打って変わって1日が終わる夜のニュース番組になります。そのニュースの焦点はなんなのか、肝の部分まで深掘りしてお伝えしていきたいと思います」と決意表明。

 「今回、楽しみなのは、ゼロから番組を作っていけること。ゼロから議論に加わっていける。和久田はどこに焦点をあてているのかと興味を持っていただけるように、番組に新しい空気を送り込んでいけたらと思っています」と緊張気味の笑顔で話した。

 桑子真帆アナ(32)が逆に「ニュースウォッチ」から「おはよう」に異動するが、席上、桑子アナから「ワクちゃんに『早起きは三文の徳だよ』と言われました」と明かされる場面もあった。