元欅坂46の今泉佑唯(21)が14日、東京・新宿の花園神社で主演舞台「あずみ〜戦国編〜」(3月14〜29日、東京・Bunkamuraシアターコクーン)の成功祈願を行った。

 戦国時代、刺客として生きる少女・あずみの過酷な運命を描いた時代劇。2003年と05年に上戸彩(34)主演で映画化され、舞台版では黒木メイサ(31)、川栄李奈(25)が演じ、今泉は4代目。演出の岡村俊一氏から「殺陣が歴代で一番うまい」と絶賛された今泉は「川栄さんの映像を見たら、迫力がすご過ぎた。あと1か月、必死に向き合っていきたい」と意気込んだ。

 また、バレンタインデーの思い出を聞かれ、「料理が苦手なので、手作りチョコをお母さんに作ってもらったり、買ったチョコを欠けさせて手作りに見せかけていた」と小学校時代の“偽装”を告白。報道陣には既製品のチョコを配り、舞台をアピールした。