歌舞伎俳優の尾上菊之助(42)が14日、都内で東京・国立劇場(小劇場)の3月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」(3〜26日)の取材会に出席した。

 「仮名手本忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」と並ぶ歌舞伎の三大名作とされる「義経千本桜」で「子供の頃から夢だった」という佐藤忠信・源九郎狐(ぎつね)、平知盛、いがみの権太の3役を演じる。中でもいがみの権太は初役で「愛きょうのある悪党をどれほどできるのか、自分でも楽しみにしている」と声を弾ませた。

 女形を中心に演じていた20代を振り返り「憧れの3役を実現できるのか、すごく不安だった。でも、諦めてはいけないと思って、とにかく思い続けました」。また、歌舞伎公演で一般的な大劇場ではなく、小劇場で行われることについて「私にとって『挑戦の小劇場』だと思っています。臨場感のある舞台をお見せしたい」と語った。

 昨年歌舞伎化した「風の谷のナウシカ」では、公演中に左腕のひじを亀裂骨折する事故もあったが、「今月、休養をいただいてリハビリも順調に進んでいます。初日までには、両腕がしっかり上がるんじゃないかと思います」と回復をアピールした。

 親子共演となる長男・尾上丑之助(6)については「セリフを言ったり、形を覚えることも大事ですが、源平の歴史的な背景や義経の物語を知ってもらいたい。最近は絵本があるので、読んで教えています」と明かした。