槇原敬之容疑者の逮捕から一夜明け、関係各所は対応に追われた。

 槇原容疑者がパーソナリティーを務めていたFM局・bayfm「Who cares?」(日曜・後5時)が打ち切られることが14日、明らかになった。同局広報は「16日以降の放送を取りやめることにしました。(代替番組は)調整中です」とした。2015年10月にスタートし、槇原容疑者にとってラジオ唯一のレギュラー番組だったが、不本意な形で幕を下ろすことになった。

 楽曲使用しているテレビ各局もそれぞれに対応。テレビ朝日系「じゅん散歩」(月〜金曜・前9時55分)の主題歌「一歩一会」はビートルズ「ヒア・カムズ・ザ・サン」に変更。日本テレビ系「ヒルナンデス!」(月〜金曜・前11時55分)のテーマソング「LUNCH TIME WARS」の放送を取りやめ、局にある音源に変更。同局は「槇原容疑者の楽曲使用はありません」とコメントした。

 一方、NHK総合「チコちゃんに叱られる!」(金曜・後7時57分)は槇原容疑者が作詞・作曲を担当したエンディングテーマ曲「大好きって意味だよ」をそのまま放送。NHKは13日の段階で「変更はありません」としていた。

 各局により対応が分かれたが、「チコちゃん―」のエンディングはキョエちゃんが歌っている。お茶の間に浸透していた槇原容疑者の歌声がテレビから姿を消すことになった。

 またフジテレビは22日開催のライブ「久保みねヒャダこじらせライブ」(お台場特設会場)にゲスト出演予定だった槇原容疑者の出演を見送ることを発表した。ライブは予定通り開催される。