舞台「ヘンリー八世」が14日、埼玉・彩の国さいたま芸術劇場大ホールで開幕した。

 同所の芸術監督だった蜷川幸雄さんが始めたシェイクスピアシリーズ。2代目芸術監督に就任した吉田鋼太郎(61)が引き継ぎ、演出と枢機卿ウルジー役で出演。主演を務めた阿部寛(55)は「これまでみんなで一生懸命に稽古をしてきて、ようやくお客さまの前で演じることができます」と気持ちの高ぶりを語った。吉田も「目指していた理想的なシェイクスピア上演の形ができたと思います」と胸を張った。

 同所では3月1日まで。その後、北九州、大阪で公演が行われる。