飲酒運転撲滅のメッセージを広めるプロジェクトライブ「LIVE SDD 2020」(主催・FM大阪)が15日、大阪市中央区の大阪城ホールで開催された。

 「STOP! DRUNK DRIVING」を合言葉に2007年に発足し、今年で13年目。スターダストレビュー、TRFがプロジェクトリーダーとなり、アーティスト13組が出演。約1万1000人のファンを盛り上げた。

 西川貴教(49)は同ライブ初参加で、この日は2020年の初ステージとなった。「このイベントはもちろん知っていましたが、全然呼ばれないな…と。ウチのじいちゃんは警察官。こういう活動でメッセージを訴えて、上の方(天国)で喜んでいると思います」と笑顔を見せた。西川自身も地元・滋賀で2009年から「イナズマロックフェス」を主催しており「続けていっておられるから、僕も出られた。素晴らしい」と敬意を払った。

 また、スタレビ・根本要(62)に「師匠」と持ち上げられ、お笑いタレント・友近(46)の化身・水谷千重子が同ライブに初登場。スタレビの名バラード「追憶」を根本とデュエットした。また、2年ぶりに参加した藤井フミヤ(57)は根本と、お笑いコンビ・猿岩石の大ヒット曲「白い雲のように」のデュオで披露した。水谷を含めた3組でのセッションも楽しんだ。

 この日の模様は、17日のフジテレビ系「とくダネ!」で紹介され、BSフジでは同21、28日の深夜1時から2週にわたって放送。eo光テレビでも同21日・後7時から放送される。ラジオでは3月18、19日の両日、後4時からFM大阪で「アンコール・スペシャル」としてオンエアされる。