漫才コンビ「トミーズ」のトミーズ雅(60)が21日、MBSテレビ「せやねん!」(土曜・前9時25分)を欠席し、電話で早期の大腸がんを患い、17日に14時間半に渡る手術を受けたことを明かした。相方のトミーズ健(60)は冒頭で「雅がいておりません。入院しております。大腸がんになりまして、2週間前に検査受けるねんと言われてまして、検査受けたあと1週間後に会って『転移はなくて一安心やけど早々に手術受ける。迷惑かける』と話していました」と話した。

 電話で番組に出演した雅は「おっはよう」と元気な声を聞かせ経過を説明。雅は「2月25日にがんがありますと見て一番ショックの時に相方には電話しました。大腸がん2個見つかった聞いて、そのあと転移があるか、1週間記憶ないんやけど、1週間後に先生の所に行って、転移ないです。『やったー、僕まだ生きれるんや!』って。火曜日に14時間半、9時に入って晩の11時半に終わりましたけど、無事何の転移もなく終わりました」と報告。一方で腸を55センチ切ったことも明かし「ロボットで手術するんやけど、先生も5時間くらい腸をはいでくれて、まっすぐになったら無事肛門に通った。腸がまっすぐになって肛門にくるから、これから『せやねん!』もおむつかなんかやってやるか、途中でトイレいくか。そういう練習が最初あるみたい」と現状を報告した。

 雅は2月10日にロケで沖縄キャンプに行った際に、夕方にトイレで血便が出て奥さんに「絶対病院行って」と言われ、がんが早期発見されたという。この1週間は大変だったそうで「娘の三女の出産予定日が12日やった。先産んでくれと思ってたんやけど、初産やからのびて、昨日(20日)生まれました。火曜日に手術して、金曜日出産したすごい1週間。両方良かった」と明るく話した。

 今後については「10日間絶食して、腸がひっついたらそこから、普通の生活に戻す」と説明。来週の「せやねん!」も欠席するが「めっちゃ元気」と明るい声を聞かせた。