男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の歌広場淳(34)が21日、カンテレの冠番組「ゴールデンボンバー 歌広場淳のミュージカル広場」第5弾(22日、前5時15分)放送に向け、意気込みを語った。

 月に1本以上は必ずミュージカルを観劇するという芸能界きっての“ミュージカル通”歌広場が、今回もおすすめのミュージカル「アナスタシア」と「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の見所を紹介。「アナスタシア」について「ほめるところしか見当たらない!」と終始大絶賛。また「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」では、主人公の花屋で働く冴えない青年・シーモアをWキャストで演じる鈴木拡樹(34)と三浦宏規(20)を直撃インタビューする。

 第5弾の放送に歌広場は「光栄でございます。もう生活の一部になっちゃってるんで。僕がのどから手がでるほど欲しいものがレギュラーなんで、勝手に『レギュラーです』って言って既成事実にしちゃいたい」と、レギュラー化を熱望。さらに「以前から『ミュージカル広場』を全国でやりたいと思っていて、ミュージカルは今やもう関東関西だけでなく地方とかでも公演されてますので、それにあわせて『ミュージカル広場』も日本全国に広めていきたいなと改めて思いました」と、全国放送にも意欲をみせた。