歌舞伎俳優の市川染五郎(14)、女優の杉咲花(22)が23日、東京・新宿ピカデリーで声優をつとめたアニメ映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」(イシグロキョウヘイ監督、5月15日公開)の完成披露報告会を行った。

 初映画で声優初挑戦となった染五郎は、27日が15歳の誕生日。4月から高校生に。この日はサプライズでプレゼントも用意。「大ファン」というマイケル・ジャクソンの特製フィギュアとヘッドホンが贈られると、この日一番の笑顔を見せた。「高校になったら苦手な数学をもっと頑張りたい」と現実的な話も飛び出した。

 完成作は父、松本幸四郎(47)も試写で見てくれたそう。「具体的にどこかとは聞いていないが『良かった』と。母は作品に『泣いた』と言っていた」と話した。染五郎自身も「演じているときから思っていたが改めて見て感動した」とホッとした様子。杉咲は「今こそ見ていただきたい。パワーをもらえる映画です」とあいさつした。

 同作は、人とのコミュニケーションは苦手だが俳句を通して思いを自在に伝えることのできる繊細な少年と、歯並びのコンプレックスでいつもマスクをした少女との交流を描いたオリジナル作品。