タレントの梅宮アンナ(47)が24日、自身のインスタグラムを更新。インターナショナルスクールに通う1人娘・百々果さん(18)が新型コロナウイルスの影響で渡米できなかったことを明かし、オンライン授業の必要性についても訴えた。

 アンナは大学進学を控えた娘との写真を添え「愛しのももかとも 一緒にいれる時間が少なくなってきて」をコメント。しかし「ももかは、8月には、アメリカへ行く予定ですが、今の世の中だと、誰にもわからないですよね。。」と先行きが不透明であることを心配し、「この時期本来私達は、ニューヨークにいるはずでしたが、やはり行く事は出来ませんでした 運転免許の取得や、銀行口座を開いたりと、なにかと、アメリカで準備がありました」と明かした。

 その上で「卒業式や、プロムもどうなるのか。。。学校は、春休みに入りました。休みがあけたら、再びオンライン授業開始になります」と娘の学業について報告。「日本の学校もオンライン授業を導入し強化すべきかと。。。」と考えを示し、「♯先進国なのに」「♯オンライン授業可能」ともつづっていた。

 この投稿にはフォロワーから「素敵な親子」「ももちゃん、グッと大人っぽい〜」「ももちゃんどんどん綺麗になっていく」「姉妹みたい」「オンライン授業やってほしいですよね!」などのコメントが上がっている。