女優の仲里依紗(30)が、4月12日から日本テレビ系で放送される中村倫也(33)主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜・後10時半)に出演することが決まった。

 原作は「海月姫」「偽装不倫」などで知られる漫画家・東村アキコ氏による同名の毒殺サスペンス漫画。中村は、おいしい料理を愛する探偵で、類いまれなるグルメ知識と推理力で殺人事件を解決していく明智五郎を演じる。明智の相棒・小林苺を演じるのは、日テレドラマ初出演となる女優・小芝風花(22)。明智と禁断の愛でひかれ合う連続殺人鬼・自称“マグダラのマリア”役に女優・小池栄子(39)が出演する。

 今回、仲が演じるのは、マリアにひかれ殺人を依頼するフレンチレストランのオーナーシェフ・伊藤(武田真治)とともに夫の遺体を“解体”しようとする主婦・桐谷みどり。みどりは結婚当初、愛する夫のために心を込めて料理を作ろうと意気込む心優しい妻だったが、当の夫は、母親の料理ばかりを好み、いつしか冷蔵庫はしゅうとから送られてきた料理でいっぱいに。そんな夫に耐えられず、殺人に手を染めてしまう。ネットでマリアと出会い、マリアが助っ人として送った伊藤とともに、夫の“解体”を試みる。

 仲は、「久しぶりに地味な役をいただいたかなと思ったら、すごいことをやってしまう人でした」とコメント。「幸せだった夫婦が一転します。その裏に何があったのか、是非見ていただきたい」と意気込んでいる。

 みどりが殺人に手を染める様子は、第4話で描かれる。

 ◆第1話あらすじ

 三度の食に命をかける美食家の明智五郎(中村倫也)は容姿端麗だが超変わり者の私立探偵。キッチンカーで弁当屋を営む小林苺(小芝風花)は、厄介な常連客・明智に浮気調査を依頼してきた主婦(小池栄子)に同情したがために、明智の調査に巻き込まれる。毎日違う食べ物の匂いをつけて帰って来るという夫を怪しむ主婦の勘通り、明智は夫が若い女の家で毎日1時間の濃厚なランチタイムを過ごしていることを突き止める。

 調査報告ついでに主婦の即席手料理を口にし、寂しげな笑顔に魅了された明智は、「これからは本当のあなたをもっと自由に解き放つべきだ」と言葉をかける。翌日、主婦の夫が殺される事件が発生。明智を疎ましく思う捜査一課の刑事・上遠野(北村有起哉)と、その部下で明智に憧れる高橋(佐藤寛太)の的外れな捜査が迷走する一方、主婦の犯行を直感した明智は、主婦をディナーに誘い苺の車で葉山のオーベルジュへと急ぐ。

 “食”が生んだ男女の哀しき事件の真相に迫る明智。そして、明智との出会いによって“殺人鬼”として本当の自分を解き放った主婦は、明智との“最後の晩餐”に臨んでいた。