アニメ映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(7月23日公開)のファンイベントが24日、都内で行われ、4人組バンドの〔Alexandros〕(アレキサンドロス)が主題歌を担当することが発表された。タイトルは、現段階で未定。

 制作サイドによると、同作と一緒に海外展開ができるアーティストを起用したいという思いから〔Alexandros〕に白羽の矢が立った。ボーカル・川上洋平(37)は「めちゃくちゃうれしかった」と満面の笑み。というのも、同バンドのマネジャーが筋金入りの「ガンダム」ファンだという。さらに、同バンドが所属するレーベル名をガンダムの機種名などで知られる「RX」を用いた「RX‐RECORDS」と名付け「いつかこういう仕事が来るようにとマネジャーが名前を付けた。マネジャーが一番喜んでいる」と川上。お世話になっているマネジャーへの恩返しができたことをかみ締めていた。

 同作は富野由悠季氏が1989〜90年にかけて発表した小説が原作。シャアの反乱から12年後、強制的に民間人を宇宙へと連行する人道的な政策“人狩り”に抵抗すべく結成された反地球連邦政府組織「マフティー」のリーダー、ハサウェイが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美女と出会い、運命が大きく変わっていく様を描く。

 同イベントで、同作のメインキャストの声優を小野賢章(30)、上田麗奈(26)、諏訪部順一(47)が担当することも発表された。

 当初は観客を入れてのファンイベントを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を受けて、無観客で実施し、YouTubeで配信した。