東京五輪公式映画監督の河瀬直美氏が25日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月〜金曜・前8時)に生出演した。

 番組では、新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる五輪の延期問題について、安倍晋三首相(65)と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)が電話形式の会談を行い、7月24日の開幕から1年程度の延期で合意したことを報じた。

 公式映画を撮影している河瀬氏は「最前線で渦中にいながら見つめてきていて撮影もしているので映画でいうと昨日の発表は序盤なんだなと印象を受けたんです」とし「数週間前からアップダウンが激しくて、でもすべて記録している」と明かした。

 さらに「最前線で情報をいただいている公式映画として歴史に残るものを見つめているなんだな、目撃者なんだと今思っている」とし「日本が歴史上初の出来事をどうみつめ、どのような形でこれを迎えられるのか公式映画として未来永劫残るものですから責任は重大ですけど見つめ続ける」と話していた。