タレントのラサール石井が25日、自身のツイッターを更新した。

 石井は、新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる五輪の延期問題について、安倍晋三首相(65)と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)が電話形式の会談を行い、7月24日の開幕から1年程度の延期で合意したことにツイッターで「2年ではなく1年延期なのは、どうしても自分の任期中にやりたいからだろう」と指摘した。

 さらに「延期となれば、非常事態宣言、憲法改正への重要性を主張、コロナ収束後にオリンピック、それを手柄に衆院解散、4期目を狙い、独裁完成。さて、思惑通りになるか。ウィルスが勝つか官邸が勝つか。どちらも勝って欲しくない」とツイートしていた。