TBS・佐々木卓社長(60)の定例会見が25日、東京・赤坂の同局で行われた。

 新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる東京五輪の延期問題について、安倍晋三首相(65)と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)が7月24日の開幕から1年程度の延期で合意したことを受け、同局の五輪放送について、編成担当の伊佐野英樹取締役は「延期が発表されたのが、昨日のことなので、これから検討になります。レギュラーを復活させるのか、特番を組むのか、ベストなものを選択していきたいと思います」と答えた。

 また、五輪延期への思いを聞かれた佐々木社長は「世界中で新型コロナ感染が拡大している中、アスリート、観戦者が万全の状態で開催できないという中での苦渋の決断だったなと思います。最高のコンディションでオリンピックを開催していいただき、我々テレビ局もベストを尽くして、放送したいという思いは変わりません」と答えた。