タレントの東ちづる(59)が25日、東京・世田谷区役所で、発達障害に関する長所と短所を紹介する啓発動画「発達でこぼこ」の発表会見に出席した。

 東が代表を務める一般社団法人「Get in touch!(ゲット イン タッチ)」が、発達障害を持つ人の個性を知ってもらうために、世田谷区と共同で制作した動画。区役所職員のまさかの名演技が光ったようで、「アドリブもうまく、ビックリしました。最初は演技指導する気満々でしたが、その必要がなかった。想像以上の出来栄えになってます」と目を細めた。

 4月2日は世界自閉症啓発デーで、東もイベントを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった。「新型コロナはめちゃくちゃ気にしてます。オリパラに向けた舞台もあったので、調整で大変です」。オリンピック延期に関しては、「正直ホッとしてます。苦渋の決断だったとは思いますが、乗り越えてオリンピックを迎えたい」と意気込んだ。