ジャニーズの9人組「Snow Man」の初の冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」(水曜・後11時56分)が25日深夜に放送され、同番組の感想などをつぶやいたハッシュタグ「#それスノ」がツイッターの日本のトレンド1位、世界のトレンド2位となった。

 番組では「一番おいしい水はどれなのか」をテーマにメンバーが5か所に散って調査。北海道・東北ブロックに佐久間大介(27)、関東ブロックに岩本照(26)と阿部亮平(26)、中部ブロックに渡辺翔太(27)と宮舘涼太(27)、中国・四国ブロックには向井康二(25)と目黒蓮(23)、九州ブロックには深澤辰哉(27)とラウール(16)が向かい、所持金1000円、ネット検索禁止、自力で交渉など過酷な条件の中、おいしい水の採取地を目指した。

 徒歩で数時間歩いたり、ヒッチハイクを試みたり、通りかかった親子連れに同乗させてもらうなど地元の人々と触れ合いながら体を張って採取地へ向かうメンバー。所持金1000円の中から、同行スタッフの分も、と6枚入りの食パンを買い、3個のコロッケを6人で分けようとする岩本と阿部には、お店がご厚意で3個オマケしてくれるほっこりシーンもあり、ネットでは「優しいいわあべの周りには同じように優しい方々がたくさんいるね」などのつぶやきがあがった。

 雪が積もる山形・月山山麓湧水郡に向かった佐久間は、山岳ガイドの男性に「僻地」と失礼な言葉を使ってしまい、リアルに怒られる場面からスタート。水源から水を採取するためにガイドの男性と協力してスコップで雪をかきだし、最後は感謝の言葉を伝えてハグされていた。これには、お笑いコンビ「X−GUN」の西尾季隆が「佐久間君にめっちゃ感動してるおじさん(僕)」とつぶやいていたほか、「佐久間くんのどこが好きかって、言葉の使い方でガイドさんに怒られちゃった後に『僻地って悪い言葉だったんですね。知らなかった』って何が悪かったかをちゃんと反省してるところ」と素直な姿に感動する声もあった。

 画面に出される絶妙なコメントやナレーションに対して「Snow Manへのスタッフの対応と編集が最高すぎてずっと笑いっぱなしでした。最高」「字幕やナレーション楽しくて好き」などの感想も並んだ。

 番組の最後には同番組が4月24日からがParaviで毎週金曜日にレギュラー配信(25日放送分は見逃し配信中)されることも発表され、「#それスノ」は深夜ながら23万件を超えるツイート数となった。