お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(42)が、27日に放送された日本テレビ系「ヒルナンデス!」(月〜金曜・前11時55分)の名物コーナー「3色ショッピング」を卒業。放送後に自身のインスタグラムを更新し、感謝の言葉をつづった。

 2011年4月の第1回から307回、314人が参加した「3色ショッピング」。この日の放送では、同コーナーに30回以上出演したRIKACO(53)、千秋(48)、河北麻友子(28)らが登場し、山里の“卒業コーデ”を選びながら、それぞれの思い出を披露した。

 コーナーの終わりには「(このコーナーで)ロケの全てを教えさせて頂きました。おしゃれもロケも先生でした」と感謝していた山里。インスタでも、名ぜりふの「何色の何」が定着するまでかなり迷走した時期があったと振り返りつつ、「ここでモデルさんや女優さんたちのおしゃれトークにどうしたらいいかを学ばせてもらいました」「ジャケットとかを首から肩甲骨くらいまで見える感じで着て居るのを最初はだらしないと思っていたのに、それを抜け感とか言うようになりました」と、このコーナーのおかげでだいぶファッション通になれたと明かした。

 関係者からは、卒業記念に「何色の何」Tシャツを贈られたとか。しかし「9年間色々おしゃれを勉強させてもらいましたが、着こなし方が分かりません」と告白。「いつか僕に挑戦者として3色ショッピングに出る時が来たら、その時に着ていきたいと思います」と続けた。

 ファンからは「山ちゃんの何色の何?が聞けなくなるのすごく寂しいです」「是非!挑戦者で出て来て欲しいです」のコメントが相次いでいる。