元フジテレビアナウンサーで、さまぁ〜ず・大竹一樹(52)夫人の中村仁美アナ(40)が、27日に放送されたTOKYO MXテレビの「5時に夢中!」(月〜金曜、後5時)にゲスト出演。“鬼嫁説”を一部否定した。

 夕刊紙に書かれた、ある芸能プロダクション社長の“やくざ説”を紹介したことをきっかけに、大竹がささやく“鬼嫁説”として、3つのエピソードの真偽を問われた中村アナ。「全部本当といったら本当ですが、ウラがあって」と、一つ一つ解説した。

 まず「プレゼントを渡そうとしたら『自分の部屋に置け』と言われた」エピソードでは、ある日、欲しいと一言も言っていなかった炭酸水を作る大きな機械を買ってきたとして「あんな(大きいの)いらないじゃないですか。(キッチンに)置けないから、自分の部屋においておけば…」と答えたという。

 次の「何を食べたいか聞かれ『ハンバーグ』と問われたら『レストランじゃねーし』ブチ切れされた」伝説には、大竹は自宅で食べることがめったになく、たまにいた際に聞いてみたら「ハンバーグ」のリクエストだったことを明かして、「(前日からの)流れや食材の方向性から2択あるうち、どちらがというつもりで聞いたのに…。重めとか軽めとかでなくて、指定してくるので『レストランじゃないですよ』って」と説明。

 さらに「家で普通に歩いていると、『おとうさんが歩くとゴミが出る』と掃除機を持ってくっついてくる」には、大竹の部屋は引っ越ししてから5〜6年で1度も掃除に入ったことがないと明かして「ゴミをまとって出てくるので、だから後ろ掃除機でかけないと部屋が汚くなっちゃう」と、いずれも伝説を認めた。

 これに番組アシスタントのミッツ・マングローブは「掃除機で吸えるほこりは良いのよ。お父さん、車運転すると、写真出てくるから」と、MCの俳優・原田龍二(49)をチクリ。昨年、インスタグラムを通じて出会ったファンと接触し、愛車である四輪駆動の車中で“4WD不倫”したと報じられた原田は、スタジオが笑いで包まれる中で次の話題に急いだ。