お笑いコンビ「霜降り明星」のせいやと粗品(27)が26日深夜放送のニッポン放送「霜降り明星のオールナイトニッポンZERO」(金曜・深夜3時)に生出演し、せいやがテレビ会議アプリ「Zoom」を使った一般女性との飲み会で、下半身を露出するセクハラ行為をしたと「文春オンライン」で報じられた件について謝罪した。

 せいやは、粗品からZoomをネタにいじられると「オレの弱点やから。ネットニュースで」と困惑し「せいやって調べてZOOMとか出てくる状況でして」と明かした。

 これに粗品は「ほめてあげたい」などと突っ込み「ちゃんと言ってなかったけどお前には、スマン」と謝罪した。これに粗品は「オレは立派やなと思った」などと持ち上げたが、せいやは「全部出た。LINEも全部出た。びっくりしたぁ。あまりにも出過ぎた。もう街歩けねぇ」とボヤき、「ホンマに相方に迷惑を掛けました。ホンマに申し訳ないです。一緒にお仕事させてもらってるスタッフさんとか、大人の方たちにもホンマに僕のせいで迷惑を掛けました。それは本当に申し訳ないと思っています」と謝罪した。

 続けてせいやは「お前の気持ちとか聞きたい」と粗品に聞くと「大変面白かったんですけど、諸々の感じは」などと返した上で、文春の記事を改めて引き合いに出すと、せいやは「オレ、今、後輩からズム兄ィって呼ばれている」と笑わせた。さらにZoomの使い方を「一生懸命勉強しました。そしたら、こんなんなっちゃった」と明かし、文春記者からの直撃を「ホンマに怖いねん。びっくりするねん」と振り返った。

 さらに直撃取材を受けた当時を自宅近くの自動販売機で水を買おうとした時に3人の記者が来たことを明かし「とにかく焦っているんです。写真見た人は分かると思うんですけど、ホンマにパニクってました。焦っていたし」などと振り返った。その上で「記事出る1週間前とか飯の味がしなかった」と明かしていた。