将棋の藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑戦している第91期棋聖戦5番勝負第2局が28日午前9時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。先勝した藤井七段が初タイトル獲得へ一気に王手を掛けるか、先手番の渡辺棋聖がタイに戻すかの一局になる。

 史上最年少タイトル挑戦者と昨年度の最優秀棋士賞を受賞した3冠による頂上決戦は第2ラウンドを迎えた。

 注目は藤井七段の勝負服。タイトル戦では和服を着ることが慣例となっているが、第1局は準備期間が短かったことから回避。本局でついにお披露目となった。

 漆黒の羽織に灰色の袴という迫力ある色味を着こなし、対局に臨んだ。師匠の杉本昌隆八段(51)が京都の呉服店で仕立てて、贈ったものとみられる。

 持ち時間は各4時間。夜には終局する。