落語家の瀧川鯉斗が28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演した。

 番組では、19日にジャニーズ事務所との専属契約を合意解除して退所した元NEWSの手越祐也が23日に都内で記者会見を行ったことを伝えた。会見で一連の報道について「事実と違う情報が多すぎた」と反論しつつ、経緯や今後の意気込みについて約2時間の熱弁。退所は5〜6年前から考え、今年3月に正式に事務所とメンバーに意向を伝えていたといい、「このままの自分でいいのかと思った」と語った。

 今回の会見を見た鯉斗は「ぶん殴りたいですね」と憤慨した。その理由を「コロナの自粛中、出歩いて、僕、2時間見ていたんですけど、一言も日本国民にすみませんっていう言葉がないんです。それにまず腹立って」と明かした。

 さらに「女性を呼んだっていいますよね?男手越っていうなら1人の女性をコロナに感染させちゃうかもしれない、そういう女性を守れない心持ちでいる男手越ってヤツにぶん殴りたいです」と続けた。その上で「会見で隣に弁護士さんいらっしゃったじゃないですか。仮にあそこに僕が座っていたら5千発ぐらい殴っていました」と笑わせていた。