28日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、複数の女性との不倫が「週刊文春」で報じられ芸能活動を自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(47)が、25日発売の同誌のインタビューで、不倫疑惑に加え妻で女優の佐々木希(32)や相方・児嶋一哉(47)への思いなどを明かした件を特集した。

 渡部が女性について「デートクラブのように安全に遊べる子たち」と説明したことに、放送作家でコラムニストの山田美保子さん(63)は「一般にデートクラブというのは、実業家や政治家、アスリートの方たちがお金を払って女性とお付き合いをする組織といっていいと思うんですね」とした。

 その上で「タレントの卵ですとかレースクイーンさんも所属をしていたりするんですけど。もう少し動いているお金が大きいんですよね。例えば封筒にちょっと厚みのあるお札が入っていたり、有価証券をもらったという女性もいたりして、1万円というのは安いなと私も思いました」と語っていた。