俳優の役所広司(64)が30日、都内で行われた「映画館に行こう!」キャンペーン2020記者会見に東映の会長で日本映画製作者連盟の岡田裕介会長(71)、東宝の常務で同キャンペーン実行委員会の松岡宏泰委員長(54)と出席した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で映画館が休業を余儀なくされ、新作映画の公開が軒並み延期となるなど苦境の映画界を盛り上げる取り組み。この日から公式サイトと公式YouTubeチャンネルを開設し、役所をトップバッターとして映画関係者のインタビューをリレー形式で紹介していく。

 「日本映画界の顔」としてアンバサダーに任命された役所は「大変光栄なこと。僕は年だけはとっているけど、こういう役目は苦手。長年、映画界に世話になっていますから、こんな時に役に立てばと思いまして」と謙虚にあいさつ。リレーインタビューについて「トップバッターの僕が、隙だらけのアンバサダーですから、後の人がやりやすいでしょう」と冗談交じりに語り、場を和ませた。

 自粛期間中、俳優仲間と不安を語り合うことが多かったという役所は「映画の撮影は人と触れ合って成立する仕事なので、非常に不自由。人と触れ合うのが仕事のエネルギーですから、みんな苦労しています」と撮影現場の声を報告。「コロナショックを乗り越えて、もっと豊かで誇らしい日本映画界になるように頑張っていきたい」と力を込めた。

 開設されたばかりのYouTubeチャンネルでは長崎での少年時代、祖母に連れられて時代劇映画を見に行ったエピソードを披露。感染を心配する映画ファンに「僕は映画館で見る映画には不思議な力があると信じています。映画館では慎重に感染予防対策をしています」と呼び掛けた。