将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負の第1局が1日午前9時、愛知県豊橋市で始まった。

 史上最年少で棋士になり、史上最年少でタイトル挑戦者となった藤井七段と昨年度に46歳3か月の史上最年長で初タイトルを獲得した木村王位が激突する構図となった。

 藤井七段にとっては2日制対局、封じ手(1日目の最終手を隠すための儀式)、持ち時間各8時間、遠征先での食事・おやつ注文や、前日の対局場検分(盤駒などの事前チェック)や前夜祭なども含めると全てが初めて尽くしの対局となる。

 藤井七段は第91期棋聖戦5番勝負でも渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に挑戦中で2勝0敗と王手を掛けている。6月28日の第2局ではタイトル戦で初めての和服を着て話題を集めたが、本局でも優雅な和装に。前局では濃紺の着物に黒の羽織だったが、本局では白の着物に薄灰色の羽織。ダークトーンから爽やかなライトカラーへとスタイルチェンジした。

 振り駒では藤井七段が先手となった。戦型選択にも注目が集まる。1日目は午後6時に封じ手を迎える。