タレントの木下優樹菜(32)が芸能活動を再開すると1日、所属事務所「プラチナムプロダクション」が発表した。「タピオカ店どう喝騒動」を起こし、ネットで大炎上したことを機に昨年11月18日から活動を自粛していた。

 木下は、事務所公式サイトでコメントを掲載。自覚を欠いた行動を改めて謝罪した上で「芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています」と復帰への思い。活動自粛中の昨年大みそかには、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)と離婚した。

 所属事務所は、一連の騒動について「復帰について厳しいご意見があることは真摯に受け止めており、一度失った信頼を回復することが容易ではないことも重々承知しておりますが、今後二度とこのような事態を起こさないことはもちろんのこと、失われた信頼の回復のため、全力で努力して参りますので、どうかご理解をいただけますと幸甚です」とした。