女流名人戦五番勝負開幕!里見女流名人vs上田女流三段

女流名人戦五番勝負開幕!里見女流名人vs上田女流三段

岡田美術館杯第43期女流名人戦 報知新聞社後援

 将棋の岡田美術館杯第43期女流名人戦五番勝負が15日、神奈川県箱根町の岡田美術館で開幕する。8連覇を狙う里見香奈女流名人(24)と初戴冠を目指す挑戦者の上田初美女流三段(28)は14日に現地入りして岡田美術館内を見学し、前夜祭で決戦への抱負を語った。

 美術館で特別展示されている歌川広重の浮世絵版画「東海道五十三次」を興味深そうに見つめていた里見は「やっぱり教科書に載っていた作品を観ると感動します」と笑顔。幅約9メートルのスケールで富士山を描いた横山大観の大作「霊峰一文字」に圧倒されていた上田は「昔の作品が今も美しく見えるのは将棋の棋譜も美術品と一緒ですね」と自らの使命に思いを重ねた。

 対局場検分を終えた後、開催された前夜祭。里見は「今年初めての対局。明日は気を引き締めて、自分の力を全て出し切れるようにして、上田さんのいいところを吸収して戦っていきたいと思います」とあいさつ。上田は「何年か経った後、あのシリーズの将棋はいい将棋だったと、たくさんの方に言ってもらえるようなシリーズにしたいです。里見さんはひたむきで真摯な方。真正面からぶつかっていきたい」と語った。

 両者は4年前、棋戦史上に残るフルセットの激闘を演じた。最終局は女流棋戦として初めて将棋大賞の名局賞特別賞を受賞している。待ちに待った再戦が始まる。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

02時03分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索