77歳・加藤一二三九段、引退決まる…高野四段に敗れ63年間の現役生活にピリオド

77歳・加藤一二三九段、引退決まる…高野四段に敗れ63年間の現役生活にピリオド

 将棋の現役最年長棋士・加藤一二三九段(77)が20日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第30期竜王戦6組昇級者決定戦の高野智史四段(23)戦に敗れ、現役引退が決まった。

 最後まで加藤流を貫いた。20社約50人の報道陣が見守る中、長く締めたブルーのネクタイ姿で入室。敷かれていた座布団が気に入らなかったようで、自ら交換してから着座した。昼食はトレードマークの鰻重に舌鼓を打ち、おやつには6ピースのカマンベールチーズをわずか数分で完食した。夕食は天ぷら定食に冷やしトマトを注文した。

 険しい顔で気合十分で臨んだ最後の一局は中盤で形勢を損ねて劣勢に。夕食休憩後の午後8時10分すぎに投了し、63年間の現役生活にピリオドを打った。

 加藤九段は1940年、福岡県稲築町(現・嘉麻市)生まれ。棋士養成機関「奨励会」在籍時の54年に14歳で四段(棋士)昇段。史上初の中学生棋士となった。14歳7か月の昇段は昨年10月、現在デビュー27連勝の快進撃を続けている藤井聡太四段(14)に62年ぶりに塗り替えられるまで最年少記録だった。デビュー後、順位戦で驚異の4期連続昇級を果たし、18歳で最高クラスのA級に。「神武以来の天才」と称された。

 82年に悲願の名人位を獲得。故・大山康晴十五世名人、故・米長邦雄永世棋聖、中原誠十六世名人(69)、谷川浩司九段(55)らと名勝負を演じ、獲得タイトルは名人1、十段3、王位1、棋王2、王将1の通算8期。通算2505戦(歴代1位)、1324勝(歴代3位)1180敗(歴代1位)を記録した“生ける伝説”だ。

 対局中に賛美歌を歌うなどのユニークな言動でも知られ、数年前から「ひふみん」の愛称でテレビのバラエティー番組でも大活躍している。

 今年1月、順位戦最下クラスのC級2組で3度目の降級点を取り、規定により引退が決まっていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索