「太陽にほえろ!」脚本家・高階航さん、秋田で孤独死か

 ドラマ「太陽にほえろ!」やアニメ「ルパン三世」などの脚本を手掛けた秋田県仙北市在住の脚本家・高階航(本名・高階茂嘉)さん(76)方から身元不明の遺体が見つかっていたことが11日、県警関係者への取材で分かった。高階さんは1人暮らしとみられ、連絡が取れていない。県警は高階さんの遺体とみて、死因と身元の特定を急いでいる。

 関係者によると、遺体はかなり傷んでおり、死後1週間以上経過しているとみられる。10日午後に仕事の依頼のため高階さんの家を訪れた会社員が通報した。

 高階さんは10代後半から20代前半に放送作家でタレントだった永六輔さん(2016年死去)の助手を務めた後、1970年代に入って脚本家として活動。当初は「高階秋成」を名乗っていたが、80年ごろから現在の名前を使うようになり、俳優・高橋英樹主演の時代劇「桃太郎侍」の脚本なども担当した。最近は故郷の秋田で執筆活動や講演などを行っていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索