第162回芥川賞・直木賞の選考会が15日、東京・築地の新喜楽で開かれ、直木賞には川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)が初候補で選ばれた。

 都内ホテルでの会見に臨んだ川越さんは「まだ現実感がないです。ドッキリカメラが回ってるみたい」と現実感がない様子。小説を書く上での熱源は何かと問われると「自分で読もうという小説がないから、自分で書くしかない、自分で書いてやろうというのが熱源です」と熱く語っていた。