16日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)では、新型コロナウイルスが日本国内で確認された問題で人から人へ感染した可能性を速報した。

 番組では、厚生労働省によると中国の武漢から日本に入国した30代の中国人男性が肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たと報じた。

 日本国内での患者の確認は初めてで、政府は同日中にも関係省庁との間で対応を協議するとみられる。番組では厚生労働省は、中国で肺炎患者と濃厚接触の可能性があるとの見方を伝えていた。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は「恐れていたことが2つですよね。人、人であったことと日本に入ったということ」と指摘し「これを考えると、どうすりゃいいんだっていう話ですよね、個人としては」とコメントしていた。