囲碁の仲邑菫初段(10)と羽根泰正九段(75)による第76期本因坊戦予選Bの対局が16日午前10時、名古屋市の日本棋院中部総本部で始まった。仲邑初段にとって過去最大の年齢差、65歳差棋士との対戦となる。

 おじいちゃんと孫娘。あるいはそれ以上かもしれない光景が碁盤を挟んで広がった。羽根九段が上座で待つ対局室に現れた仲邑初段は、堂々とした表情で碁石を手に取った。

 羽根九段は1958年に入段(プロ入り)。90年に王座となり、初の7大タイトルを獲得。タイトル獲得数は5。2015年に通算1200勝を達成。中部碁界をリードし続ける存在で「中京のダイヤモンド」の異名を誇る。羽根直樹碁聖(43)は次男、羽根彩夏初段(17)は孫。彩夏初段は仲邑初段にとって入段同期の棋士でもある。

 仲邑初段は13日に行われた第1回博多・カマチ杯女流オープン戦予選で宮本千春初段(25)に敗れており、大御所を相手に年始の1勝目を目指す。

 持ち時間は各3時間。夕方には終局する見込みだ。