宮根誠司キャスター(56)が23日、MCを務める日本テレビ系「ミヤネ屋」(月〜金曜・後1時55分)に生出演。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国や埼玉県が開催自粛を求めていた格闘技イベント「K―1」が22日、さいたまスーパーアリーナで予定通り行われた件について語った。

 宮根氏は「おそらく1週間、2週間前だと『危ない』というのが日本人の感覚だった」とした上で、「これぐらい自粛が続くと、K―1もやらないと経営的に大変だろうと。つぶれるかもしれない。ライブやイベントも含めて、いろんなものが自粛、自粛になっていくと、今後は生活も大変だっていう空気に今、シフトチェンジになっての開催なんですよね」とコメント。

 K―1が開催されたことには「自粛要請で命令できないわけですね。ここが非常にあいまいになっている」とした。