ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が24日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大について、ユーザーと“バトル”を繰り広げた。

 堀江氏はユーザーの「お前コロナ脅威じゃないとか言ってたけど今の状況見てどうよw ポジトークしてましたって謝罪しろカスw」とう投稿に、「お前さ、ほんと理解力ないな。このパニックの原因はインフォデミックだろ完全に。それを少しでも緩和するために発信してんだよこっちは。ぶっちゃけ個人的には巣篭り消費で儲かるビジネスモデルになってるから黙っててもいいんだが、周りのイベント、飲食店経営者があまりにも可哀想だから」と返答。

 22日にイベント「ホリエモン祭 in 名古屋」を予定通り開催した堀江氏。この日は「コロナ騒ぎ、昨日飲食店経営者周りではあと半年続いたらみんな倒産するみたい」と明かし、「もう倒産織り込んで、『また屋台から始めますわー』って奴もいて清々しい」とツイートした。

 この投稿への「半年続いたら倒産? 今後はコロナを織り込んでビジネス展開するのがマスト!堀江氏ほどの方が、ビジネスが上手くいかない理由を外的要因(コロナ)のせいにしてしまうのは、あまりにも残念です。これを逆手に取ってビジネスを成功させるのが一流の経営者であり、堀江氏なのでは?」という質問には、「俺は平気よ。唯一コロナ食らってるのが飲食だけど小さいし通販とか色々手は打ってるので全然平気。ただ周りの飲食店経営者とかイベント会社とかマジでやばいから雰囲気を少しでも変えようとしてる」と返した。