山本浩二会長ら名球会メンバーが児童養護施設を慰問 工藤監督はキャンプ地招待を約束

山本浩二会長ら名球会メンバーが児童養護施設を慰問 工藤監督はキャンプ地招待を約束

 名球会の山本浩二会長(70)、東尾修氏(66)、ソフトバンク・工藤公康監督(53)、立浪和義氏(47)、和田一浩氏(44)の名球会メンバーが14日、宮崎市内の児童養護施設「カリタスの園竹の寮」を慰問。質問コーナーや野球教室などを行った。

 親睦会では山本氏、東尾氏が、宮崎で2月に春季キャンプを行うソフトバンクの工藤監督に対し「子供たちを招待しろ。昼ご飯もしっかり食べてもらって、球場を案内しなさい」とリクエスト。工藤監督も「先輩の言うことは絶対。皆さんをご案内したいと思う」とキャンプ地への招待を約束し、子供たちを喜ばせた。

 15日には「名球会フェスティバル2017in宮崎」(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)として、午後1時から名球会東西対抗戦などが行われる。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

20時31分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索