【愛知杯】ヒルノマテーラは13着 四位騎手「馬場が悪くていつもの行きっぷりがなかった」

【愛知杯】ヒルノマテーラは13着 四位騎手「馬場が悪くていつもの行きっぷりがなかった」

◆第54回愛知杯・G3(14日・芝2000メートル、中京競馬場、稍重)

 単勝1番人気のマキシマムドパリ(岩田康誠騎手)が直線外から差し切り勝ち。重賞初制覇を果たした。手綱を執った岩田騎手は15年小倉2歳S(シュウジ)以来、1年4か月ぶりのJRA重賞制覇となった。2着に10番人気のサンソヴール(津村明秀騎手)。3着は6番人気のクインズミラーグロ(藤岡康太騎手)が入った。

 四位騎手(ヒルノマテーラ=13着)「馬場が悪くて、いつもの行きっぷりがなかった。ツキがなかったね」

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

06時00分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索