鶴竜が横綱の意地見せ、連敗を3でストップ…日馬富士休場で責任のしかかる中

鶴竜が横綱の意地見せ、連敗を3でストップ…日馬富士休場で責任のしかかる中

◆大相撲初場所7日目 鶴竜(上手出し投げ)隠岐の海(14日・両国国技館)

 4日目から3連敗していた東横綱・鶴竜(31)=井筒=が、東前頭3枚目・隠岐の海(31)=八角=との大相撲を制し、連敗をストップ。4勝3敗の白星先行で息を吹き返した。

 2連敗後に3連勝していた西横綱・日馬富士(32)=伊勢ケ浜=がこの日から休場し、横綱としてこれ以上の連敗も休場も許されない状況で7日目を迎えた鶴竜。

 立ち合いから突き合い、ようやくつかんだ右上手は一枚まわしとなり、そのまま頭をつけて必死の相撲となった鶴竜。出てくる相手に後退させられながら俵伝いに左にまわりこみ、右上手出し投げで隠岐の海を下した。勢いあまって尻もちをついた鶴竜に拍手喝采が送られた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

17時18分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索