【仙台】新ユニホームはクラブ史上初のチェック柄!「強さの融合」を表現

【仙台】新ユニホームはクラブ史上初のチェック柄!「強さの融合」を表現

 J1ベガルタ仙台は14日、仙台市内で、今季着用する新ユニホームを発表した。

 アディダス社製で、クラブ史上初となるチェック柄を採用。同社担当者によると「強さの融合」などの意味が込められているという。

 ベガルタゴールドを基調としたホーム用に袖を通した元日本代表FW平山相太(31)は「かっこいいです」と、気に入った様子。アウェー用は、ワシが大空を羽ばたくイメージの青と、白のチェックになっている。

 GKホーム用はピンク色。GK石川慧(24)は「(昨年の)赤からピンクになって、新鮮ですね」と笑顔。ネイビーのGKアウェー用のモデルを務めた日本代表候補GKシュミット・ダニエル(24)は「かっこいい。紺色好きなんです」と好印象を口にしていた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

10時26分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索