村田諒太が1−2でまさかの判定負け…4回にダウン奪うもプロ初黒星

村田諒太が1−2でまさかの判定負け…4回にダウン奪うもプロ初黒星

◆報知新聞社後援 プロボクシングトリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇アッサン・エンダム(判定2−1)村田諒太●(20日、東京・有明コロシアム)

 2012年ロンドン五輪ミドル級金メダルで、WBA世界同級2位の村田諒太(31)=帝拳=が、1―2の判定で敗れ、プロ初黒星。世界王座獲得に失敗した。

 初の世界戦で同級1位(暫定王者)アッサン・エンダム(33)=フランス=を迎え、4回に右ストレートでダウンを奪うなどアグレッシブに攻めたが、1―2の判定で敗れた。内訳は117―110、111―116、112―115だった。

 日本人の五輪金メダリスト出身初の世界王者、1995年の竹原慎二以来2人目となる日本人ミドル級王者とはならなかった。

 村田の戦績は12勝(9KO)1敗、勝ったエンダムは戦36勝(21KO)2敗となった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

05時06分更新

社会のニュースをもっと見る

03時02分更新

経済のニュースをもっと見る

05時40分更新

政治のニュースをもっと見る

03時01分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

02時31分更新

エンタメのニュースをもっと見る

05時30分更新

スポーツのニュースをもっと見る

19時49分更新

トレンドのニュースをもっと見る

21時48分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時41分更新

生活術のニュースをもっと見る

10時04分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索