【都市対抗】ホンダ・木浪がV3ラン!“大学0発”ルーキーが2安打4打点

◆都市対抗野球3日目▽1回戦 ホンダ10―0JR四国=7回コールド=(16日・東京ドーム)

 2年ぶり31度目出場のホンダ(狭山市)が、JR四国(高松市)を7回コールドで下し、大勝発進となった。

 ルーキーながら「1番・二塁」で先発した木浪(きなみ)聖也内野手(23)が、3回1死一、二塁で右翼へ先制3ラン。「ライトフライかライトオーバーかと思ったけど、ライトが見上げていたので『これはいったな』と思った。最高ですね」と笑顔で振り返った。

 青森山田高、亜大でプレー。本塁打について、背番号0は「大学の時は公式戦ゼロだったと思います。社会人になって(公式戦以外も含め)今日入れて6本ですね」と話した。

 ホンダに入社後、低めのボールを打つティー打撃などで下半身強化に取り組み、「低めのボールもしっかり打てるようになったし、粘りが出てきた」と木浪。この日は5打数2安打4打点の活躍。昨年12月に就任し、都市対抗初采配初勝利となった岡野勝俊監督(40)も、木浪について「あの一発は鳥肌が立ちましたね。信じていましたけど。若いチームなので、勢いに乗ればこういう試合ができるということを確信しました」と、目を細めていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索