【北北海道】網走南ヶ丘のエース右腕・角谷が11奪三振完封で接戦を制す

【北北海道】網走南ヶ丘のエース右腕・角谷が11奪三振完封で接戦を制す

◆全国高校野球選手権 北北海道大会 ▽1回戦 網走南ケ丘2―0枝幸(18日・旭川スタルヒン)

 先発したエース右腕・角谷凌也(3年)が9回4安打11奪三振を奪う好投で、今大会初完封勝利を挙げた。

 2回までは完璧投球。3回2死に四球を与えて迎えた枝幸の1番・佐藤有作遊撃手(3年)に初安打を許すも、直球と緩い変化球を織り交ぜて後続は許さなかった。打っては0―0の3回1死二塁で、3番・角谷が先制の左前適時打を放った。桜田直久監督(46)は「角谷が気合いを入れて頑張ってくれたね」と、背番号1の投打の活躍に目を細めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索