【巨人】内海、5回3失点で降板…2番手・桜井が追いつかれ勝ちは消える

【巨人】内海、5回3失点で降板…2番手・桜井が追いつかれ勝ちは消える

◆ヤクルト―巨人(3日・神宮)

 巨人先発の内海は5回8安打3失点だった。

 内海は4点のリードを得た初回に3連打で1点を失った。また4回には大引の適時打と中村の中犠飛で2得点を許した。

 5回の攻撃では2死一、二塁と追加点の好機で代打を送られず打席に立って二ゴロに倒れたが、直後の投球ではヤクルトの上位打線を気迫の投球で3者凡退に抑えた。

 巨人は2点リードの6回から2番手・桜井が登板した。桜井は2点を許して同点に追いつかれ、内海の勝ち投手の権利は消えた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索