【阪神】藤浪、2軍戦で5回7K2失点「悪くなかったんじゃないかと思う」

【阪神】藤浪、2軍戦で5回7K2失点「悪くなかったんじゃないかと思う」

 2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(23)が4日、ウエスタン・リーグ対中日戦(鳴尾浜)に先発した。今季、2軍戦では最長となる5回を投げ5安打7奪三振2失点(自責1)と上々の投球を見せた。

 制球力の向上が課題とされていた右腕は3回に失策絡みで先制を許し、続く4回には先頭の高橋周に左翼席へ一発を浴び5回2失点。計92球と、球数は要したが1四球と危なげない内容だった。直球の最速は157キロを計測しカットボール、フォークなど変化球も使い長いイニングを想定した投球を見せた。「指に掛かったボールも多かったし、悪くなかったんじゃないかと思う」と納得の表情を見せていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索