【巨人】長野、入団から8年連続2ケタ弾…チーム史上6人目

【巨人】長野、入団から8年連続2ケタ弾…チーム史上6人目

◆巨人5―6中日(4日・東京ドーム)

 G党の大歓声が上がった。同点の2回、長野は3ボール1ストライクからの外角高め直球を強振した。「思い切っていきました。しっかり捉えられました」。一時勝ち越しとなる10号右越えソロ。8年連続の2ケタ本塁打を達成した。入団から8年連続は長嶋、原、松井、高橋由、阿部に次いで巨人6人目だ。

 アーチをかけたのは7月17日の中日戦(ナゴヤD)での初回先頭打者弾以来。同18日には今季最高の打率2割8分1厘としたが、その後20打席連続無安打などで一時は打率を2割6分まで落とした。再上昇へ、日によってティー打撃で使うバットを、グリップほどの細さのものや重りを付けたものに変える。試行錯誤を繰り返して苦境を乗り越える背番号7は「また頑張ります」と次の試合に目を向けた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索