【日本ハム】上沢、6回3失点の粘投も4勝目お預け

【日本ハム】上沢、6回3失点の粘投も4勝目お預け

◆日本ハム―オリックス(5日・札幌ドーム)

 日本ハムの上沢直之投手(23)が6回4安打3失点と粘投したが、今季4勝目はお預けとなった。両チーム無得点の3回、無死一塁からT―岡田、吉田正に連続本塁打を浴びたが、4回以降は無失点に抑え、試合を作った。打線の援護もあり勝利投手の権利を持って降板したが、チームは7回に逆転され、自身2連勝とはならなかった。

 右腕は「ブルペンから調子が悪くてどう乗り越えようかなと思っていたんですけど、なんとか粘り強く投げられてよかったです。投球リズムも悪くて、攻撃しづらいピッチングになってしまいました。フォアボールからのホームランは自分の責任ですし、そんな中、根気強く守って、点を取ってくれた野手の方には感謝したいです」とコメントした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索