【西武】5カード連続勝ち越し…山川が3ラン「毎試合ドキドキしている」

【西武】5カード連続勝ち越し…山川が3ラン「毎試合ドキドキしている」

◆西武6―1ソフトバンク(6日・メットライフドーム)

 パの頂点を目指して、西武特急が再発進した。前夜は一度は6点差を追いつきながら13連勝がストップし、迎えた出直しのソフトバンク戦。5回1死一、三塁で浅村の投ゴロの間に勝ち越すと、山川の8号3ランで突き放した。“おかわり2世”の活躍で、5カード連続勝ち越し。首位・ホークスに5・5差、2位・楽天に4差と再接近した。

 両手に残った手応えが、白球の行方をすぐに教えてくれた。山川が優雅な放物線を描いた。終着点は、左中間席の中段だ。「ちょっと詰まったけど、行くとは思いました」。自然とほころぶ顔を必死に引き締めながら、悠々とダイヤモンドを一周した。

 勝利を大きくたぐり寄せる一撃だった。1点リードの5回2死一、二塁。1ボール1ストライクからの3球目、武田の高く浮いた直球を振り抜いた。8号3ランに「何としても勝ちたいと思っていた。最高の本塁打」と胸を張った。

 主将の気迫が“アシスト”してくれた。劇弾の直前。5回1死一、三塁で浅村は投ゴロに倒れたが、一塁にヘッドスライディングを敢行し、併殺を阻止。チームに勝ち越し点をもたらしていた。「3割打っている主将の浅村さんが死ぬ気でやっている。ああいう姿を見ると僕もやらないわけにはいかない」。主将が身をていしてもぎ取った1点で、集中力はさらに高まった。

 前夜、最大6点差を8、9回で追いつく粘りを見せたが、延長の末に敗れて連勝は13で止まった。辻監督は試合前、ナインの前で「昨日の試合を俺は誇りに思う。負けはしたけど、勝ったようなもの。この気持ちを持ち続けて戦おう」と言おうと決めていた。だが、試合前練習のナインの姿に、自重した。「言おうと思ってたんだけどね。練習を見ても明るかった。気持ちも出ていて頼もしかった」。たかが1つの黒星で、指揮官の鼓舞は必要なかった。

 楽天、ソフトバンクとの上位6連戦を5勝1敗で乗り切り、2位・楽天に4差と迫った。殊勲の山川もこの日を含めた最近5試合全戦で打点を挙げ、20打数11安打で打率5割5分、4本塁打、14打点と打ち出の小づち状態だ。それでも「いい意味で毎試合ドキドキしている。僕は慣れちゃいけない。1打席しか立てなかった年もあるので」と目の前の1球に泥臭く食らいつく。再発進した西武特急の勢いを、山川が象徴している。(西村 茂展)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索